« 有馬三山 | トップページ | ストック »

バルトロ氷河の旅 (エピローグ)

イスラマバードに戻ってパキスタン アルパイン クラブへの下山報告、ヘリコプター使用予約前納金$6000の解約返金受け取り、また、K2 INTERNATIONAL社との残金精算等すべて完了した。 今回のバルトロ計画は日本の海外登山ツアー会社に全面依頼したものではなく、基本的には自ら計画立案、現地の会社と直接交渉し費用見積りを取り寄せ推し進めた、その分、出発までにはルート決定、日程、装備、パキスタン大使館へのビザ申請、格安航空券の購入、海外登山保険への特約加入等を我々自身の手で行なう事が多々あった、LIGHT EXPEDITIONとすれば当然の事である。 我々の求めに応じてくれたK2 INTERNATIONALは立ち上げたばかりの新しい会社である、代表者のMR,FIDAが新潟に滞在している関係で数回にわたりミーティングを行ない問題点はひとつひとつクリアしていった、また、彼と私とは世間は狭いと云うか不思議な縁で繋がりがあり、期せずしてK2 INTERNATHIONAL社の第一号客となったのです、結果的には費用は日本系ツアー会社で同じバルトロに行くよりは格段の低費用である(日本の旅行社ではとてもこの価格帯では対応出来ない) 装備、食事、オプショナル費用を含めサービス面でも満足のいくものであったし、ビジネスを越えた友情とも言える暖かいものを感じていたのです。

004_3

002_2 001  MR.FIDAもMR.ISAも経験豊かなガイドであり、企業家でもある、今も彼らを信頼する登山家、トレッカーが各地に居るのです、日々の食事に気を配ってくれたスタッフにも改めて心よりのお礼を言いたい、本当に有難う お世話になりました。

005 そして苦楽をともにしたJOINT 9 GHONDOGORO 2007の皆さんへ、長旅お疲れ様でした、そしてメンバーに加えていただいた事、多くの思い出を残すことが出来ました事、お礼申し上げます、有難う御座いました。

085 岩塩は安価で良いお土産になります。

084 081 083 082 バルトロの思い出として氷河で拾い集めた峰々をイメージする石です。

« 有馬三山 | トップページ | ストック »

バルトロ氷河報告」カテゴリの記事

コメント

今回の計画は、ツァー会社の計画ではなくて、個人計画だった分、自由だったけど大変だったと思います。
でも、何が何でも登るんだと、いう計画であれば任せるのも?どうでしょうか。

次回の遠征が正念場やね、萬ちゃんらが中心となって
クラブあげての総力戦で必ず行こうな、強い意志でヒマラヤの王者の歌詞やで、FIDAなら条件を提示したら協力してくれるで。

萬ちゃん
 計画は己(隊)でするから楽しく勉強になる。
ツアー会社は商売だから我々の望む計画は良い客ではない。己に不可能な部分だけ助けていただく考えが大切。

おっしゃる通りやと思いますわ、FIDAにしたら我々は美味しい客やったのかは疑問ですなぁ、次も楽しみです、萬チャンにも頑張ってもらいましょうや。

現実はそうでしょうね。
先ずはトレーニングに励んで、体を作っておきます。

萬ちゃんへ、自分だけ秘密トレーニングして強ならんといてーな、俺らも誘ってくれよ、パワーくれ!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/247761/8167651

この記事へのトラックバック一覧です: バルトロ氷河の旅 (エピローグ):

« 有馬三山 | トップページ | ストック »

フォト

新しいブログ

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック