« 2011年忘年会 | トップページ | 兵庫県山岳連盟会長会 »

登山靴がスキー兼用靴に変身する!

昔の山スキーは登山靴を履いて、カンダハのビンディングを付けた板に皮バンドとワイヤーで固定して滑っていましたね。

私が今も使用している山スキー装備は、

100_0562 板→カザマのアウトバック

100_0561 ビンディング→ジルベレッタ300

と云う骨董品です、こいつとは北アルプスを滑りまくった相棒ですし、造りがとてもシンプルで故障もありませんから、捨て難い信頼厚い装備なんです。

問題は靴です、登山靴では滑降時に足が安定せず板の押さえが利きません、登山靴で登り、担ぎ上げたスキー靴に履き替えて滑降していました、そこに登場したのがガムペット?です、登山靴の上からプラスチィック製のプロテクターで足首から下をバックルでガッチリと固定出来ると云う優れものでした、スキー靴にはとても及びませんが、それでもなかなか便利で愛用していました、しかし、酷使と経年劣化で破損してしまい、新たに買おうと方々捜したのですが、店頭から完全にその姿を消していました。

100_0549 スキーブーツでは山スキーは歩けなくて無理です、スキー兼用靴は中途半端に高価で貧乏人には高嶺の花です、登山靴としては履けないし、スキーブーツは何足か持ってるし、板も有るし(山スキー装備を新たに揃えるとなると20~30万円超!)今、履いている皮登山靴に装着する昔のガムペットのような器具を何とか手作り出来ないものかと考えていました。

何気なく入った中古品ショップのスポーツ用品棚にスノーボード用ビンディングが並んでいました、暫く眺めていて閃きましたね。

「おおッ、こいつは使えるかもな」

購入価格は¥1,600です、これで試作品を作成することにしました。

100_0546 まずビンディングを解体します、プレート部分は不必要だ。

ビスは緩み防止剤で固定されていますから電動ドライバーかインパクトでないと外れませんからご注意を。

100_0547 登山靴の土踏まずに装着するプレートは後傾姿勢になった時に大きな負荷が掛かりますから、材料には頑丈な座金を使い、しっかりとビス留めします。

Dscn0445_2 不要な部分は切り落として成形しました。

Dscn0446 足首部分を固定するために、別途、購入したボード用のストラップをビス留めします。

100_0589 足先部分を締めるベルト(アンクルストラップ)もステンレス座金で連結させました。

Dscn0457 これで完成です。

Dscn0449 装着は簡単です、山でマゴマゴしないように(L)(R)とマーキングしておきました。

Dscn0453 アンクルストラップ3ヶ所でガッチリとで締め付けると、足首、爪先とも安定します。

Dscn0451 後傾になってもプレートが支えてくれます。

Dscn0456 板にセットしてみました。

「どうですか?なかなかの物でしょ?」

本当は兼用靴も新しい板やビンディングも欲しかったんです、でも、何十万と投資して新品を揃えても、あと何年くらい使えるだろうか、それを考えると勿体ないと思ったし、人の使っていない自分だけの装備で楽しむって良いよね、登山装備が満足に入手出来なかった昔はクラブ内に装備研究会が有って、あれこれと自分達で考案していました、今や登山用品店に行けば欲しい物は簡単に手に入る時代です、確かに俺は貧乏人で簡単にギヤーは買う事が出来ませんが、今も何かと考えては悦に入ってる、私はどうも古いタイプの山屋なんでしょう。

Dscn0455 材質はアルミとプラスチックですから、とても軽く出来ています。

材料費はビンディングが¥1600とストラップ¥1200と座金やビス類です。

問題は中古のスノーボード用ビンディングを、いかに安く購入するかがポイントですね。

これは昔々に使ったガムペットをイメージして作った試作品です、雪の便りが届けば早速にテストしてみますね。

このブログをご覧になって、何か良いアイデアやご意見がありましたら、ぜひコメントをお願いします。

*2月に試作品をテストしてみました。

この山は滑る所が無いぞー!(2月の天児屋山)←ここをクリック

« 2011年忘年会 | トップページ | 兵庫県山岳連盟会長会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
私は、埼玉県在住で新ハイキングクラブ浦和支部で登山をしています、50才台のおやじです。
冬のハイキング、登山には今はもっぱらスノーシューなのですが、以前はスキーも使っていました。が、登山靴でスキーを履くとほとんど滑れないし、だからと言ってスキー靴を背負って歩くのは、ちょっと勘弁。で、いつしか、遠ざかってしまいました。
確かに登山靴に装着するアタッチメントありましたね。当時所属していた大学ワンゲル部にも持っている部員がいました。
で、このページを見て、私も工夫してみようかなという気になりました。ジルブレッタ300も動態保存してあります。
試用後のレポート、期待しています。楽しみです。

麻導師さん、コメント有難う御座います。
こちら兵庫県では北部の山間部で雪が降り出しました、
もう少しでゲレンデも滑走可能になりそうです。
テスト結果はブログにアップしますね。
室内でスキーにセットした履き心地は以前の
例のガムペットよりもシッカリと足が固定出来ました。

試走が楽しみです。

山から遠ざかって5年以上になり、代用スポーツとして初めてスキーを始めたばかりの親爺です。当初はジルブレッタで人のいない山肌を滑ってみたいと一念発起して始めましたが、3年経ったもののゲレンデはカービングスキーで何とか滑れるものの登山靴+ジルブレッタでは全く歯が立ちません。私もこの方法で試作してみたいと思っています。参考に現物見せていただけたらありがたいですね(^^♪

制作はしたものの改造が必要でした。
何度か使いましたが強度面で問題があったようで
悪雪で大転倒したら大きく破損してしまい破棄しました。

ジルブレッタは今も現役ですが靴はスキー靴のウォーキング
モードタイプにしてます。

再度、製作しようと材料を検討していますが、難しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/247761/43312938

この記事へのトラックバック一覧です: 登山靴がスキー兼用靴に変身する!:

« 2011年忘年会 | トップページ | 兵庫県山岳連盟会長会 »

フォト

新しいブログ

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック