« 裏山歩きは夏の気配(イヤガ谷東尾根) | トップページ | 釣り師がまた一人増えたね。 »

季節外れのアイゼンワーク

今年も早いもので6月になりました、間もなく梅雨前線が北上しシトシトムシムシの鬱陶しい季節に入る。

今月の山行予定として入梅前の晴れ間を狙った残雪豊富な明神岳東稜と宝剣岳中央稜が計画されております、宝剣岳では千畳敷カールから浄土乗越でMゾッチ君の雪上訓練を行って、ついでに?中央稜を登攀します。

初めてアイゼン、ピッケルの世界に向かう事となるMゾッチ君に季節外れの雪上想定練習をしておこうとロックガーデンにやってきました。

「メンバーは違えど、2週連続の芦屋通いやね」

P6020004 本日の参加者は宝剣でザイルを組む事になっているトッチャン師匠とMゾッチくん、そしてザコッペちゃんです。

「ザコちゃんに練習は不要やろ? モンブランもメンヒも登ってる事やし」

「そんな事ないです!杓子でヘマした所をバッチリとKさんに見られていますから、練習させて下さーい!」

P6020009 何処でも登りたがる岩虫達です。

P6020010 A懸にやって来ました、ところが、壁は先週も出会った某旅行社主催の講習会で超満杯となっております。

「仕方ないね、アイゼンを装着して何処か隅っこを登ろうや、Mゾッチ君、ベーシックも使ってごらんよ」

右端のボロボロのガリーを登って練習開始です。

P6020015 「さて次に進もう、足の運びに注意して、アイゼンを引っ掛けると転倒滑落になるから慎重に!」

P6020027 トッチャン師匠から指導を受けるMゾッチ君は真剣そのものです。

P6020028 足の運びもシッカリしてきました、次の段階に進みましょう。

「Mゾッチ君、初めて会った頃の山ボーイ的な感じから、最近は少しクライマーらしい雰囲気が出て来たなァ」

アイゼンワークのトレーニングにはこの万物相や岩尾根が多く利用され賑わいますが、それは冬山や春山の時期を迎える頃の事、今の時期では物好きな我々くらいです。

P6020022 ザレた斜面を雪面に見立て登下降の反復練習を行います。

P6020024 「よっしゃ、エエ感じになってる!上体を起こしてるし、良いバランスや、リズミカルに登りよ」

P6020026001 ZAKOちゃんも良い感じで登っております、合格点や!問題なし。

「これなら宝剣は楽勝や!そうや!君ん家は今月後半はスイスアルプス山行やったね、気を付けて行きよ」

P6020021001 ピッケルやバイルのピック角度には何の意味が有るのか、使ってみて初めて理解出来たと云うMゾッチ君。

「これらはアイゼンを含め単なる道具であって、昔は言われたピッケルは 山屋の魂 や飾りでは無いよ、大切にしっかりと手入れをし、これを手足の延長の如くに様々な状況下で使いこなす技術を身に付けてこそ、この道具達が本当に生かされ、我が身を守ってくれるんやで」

さァ、頑張って、自信を持って宝剣岳中央稜に挑んで下さい! そして楽しんでね。

« 裏山歩きは夏の気配(イヤガ谷東尾根) | トップページ | 釣り師がまた一人増えたね。 »

バルトロ氷河報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/247761/45510325

この記事へのトラックバック一覧です: 季節外れのアイゼンワーク:

« 裏山歩きは夏の気配(イヤガ谷東尾根) | トップページ | 釣り師がまた一人増えたね。 »

フォト

新しいブログ

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック